2018年度大学入試センター試験 地理B [分析]
大問構成、出題分野とも大きな変化はないが、比較地誌が3か国の比較となった。

昨年と同様に、地理Bのほぼ全分野からまんべんなく出題されている。比較地誌は昨年と同じくヨーロッパの国が問われた。
難易度 やや易化
正誤の判定に迷う問題や読み取りの難しい図表問題がないため、難易度は昨年よりもやや易しい。

出題分量
大問数6題、マーク数35で、ともに変化なし。

出題傾向分析
系統地理的考察の分野から、自然環境が1題、資源と産業が1題、生活文化と都市が1題、地誌的考察の分野から、西アジア地誌とノルウェー、スウェーデン、フィンランドの3か国の比較地誌、地図と地理的技能の分野から地域調査が1題出題された。大問構成、出題分野とも昨年と同じで、地理Bのほぼ全分野からまんべんなく出題されている。基本的な知識を問う問題のほか、統計表、統計地図、グラフ、地形図などのさまざまな図表を用いて、それらの読み取りと基本的知識を結びつけて解答する問題が多い。
2018年度フレーム(大問構成) 2017年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 大問 分野 配点 マーク数
1
世界の自然環境と自然災害
17
6
1
世界の自然環境と自然災害
17
6
2
資源と産業
17
6
2
資源と産業
17
6
3
生活文化と都市
17
6
3
都市・村落と生活文化
15
5
4
西アジアとその周辺地域
17
6
4
中国
17
6
5
ノルウェー、スウェーデン、フィンランド
14
5
5
スペインとドイツ
14
5
6
岐阜県高山市の地域調査
18
6
6
壱岐島の地域調査
20
7
合計  100 35 合計  100 35
■設問別分析
第1問
世界の自然環境と自然災害に関する問題で、問1は4地点の地形、問2は湖沼の特徴、問3はチェルノーゼムの分布と特徴、問4はアンデス地方の植生、問5はサヘルの砂漠化、問6はエルニーニョ現象の影響が問われた。例年通り世界地図を用いて自然環境の分布と特色を問う問題であるが、気候の成因や特色を直接問う問題はなかった。
第2問
資源と産業に関する問題で、問1はスマートフォンの部品の原料や国際特許出願件数の上位国、問2は九州地方の半導体生産工場の立地条件、問3は4か国の産業地域の特徴、問4は日本の自動車メーカーの地域別生産台数の推移、問5は科学技術の進展と農業の変化、問6は都道府県別の業種別サービス業事業所数の比較が問われた。
第3問
生活文化と都市に関する問題で、問1はヨーロッパ4か国の宗教・宗派、問2は3地域の衣服、問3はマレーシアの民族政策、問4は4か国の都市人口率と首位都市人口の割合、問5は城下町の4地点の現在の状況、問6は日本の3市区の人口ピラミッドの特徴が問われた。
第4問
西アジアとその周辺地域の地誌問題で、問1は4地域の標高、問2は4地域の農牧業、問3は4か国の宗教、問4はGDPに占める農林水産業の割合、人口1人当たりGNI、輸出額に占める石炭・石油製品の割合、問5は4か国の年間訪問者数と日本からの直行航空便数、問6は3地域の紛争が問われた。
第5問
ノルウェー、スウェーデン、フィンランド3か国の比較地誌の問題で、問1は地形と気候、問2は発電のエネルギー源、問3は貿易、問4はアニメーションと言語、問5はGDPに対する公的社会支出の割合とGNIに対する租税負担率の関係が問われた。宿題レポートという形式や資料としてアニメーションを取り上げているのは新しい。
第6問
岐阜県高山市の地域調査に関する問題で、問1は高山市を含む3都市の気候、問2は高山市の標高段彩図と人口に関する3指標の地域的差異の読み取り、問3は農林水産物の流通、問4は地形図の読図、問5は旅行者数の推移と外国人旅行者の特色、問6は標高による植生の違いが問われた。
<地理A第5問との共通問題>
■過去の平均点の推移
17年度 16年度 15年度 14年度 13年度
62.3  60.1  58.6  69.7  61.9 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2018年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ