2018年度大学入試センター試験 世界史B [分析]
オーソドックスな4文正誤判定中心の問題。

グラフを使った問題が3年連続で出題された。4文正誤判定中心の出題で,地図問題・年表問題はそれぞれ1問のみであった。
難易度 昨年並み
受験生が苦手とする文化史が増えたものの、同じく受験生が苦手とする時代順配列がなく、4文正誤判定のオーソドックスな形式で、用語の入れ替えなど誤りの判定が比較的簡単であった。

出題分量
変化なし。

出題傾向分析
波線問題・時代順配列問題などは出題されず、オーソドックスな4文正誤判定問題中心の出題であった。年表問題は1問のみであったが、前後関係などでは判断できず、ある程度の年代を知らなければ解けない問題であった。地図問題もインド史に関する1問のみで、平易な問題であった。
2018年度フレーム(大問構成) 2017年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 大問 分野 配点 マーク数
1
世界史上の帝国や王朝の支配
25
9
1
世界史上のマイノリティ(少数派)
25
9
2
宗教や宗教集団
25
9
2
世界史上の革命や政治体制の変化
25
9
3
世界史上の都市とその建造物
25
9
3
国家が諸地域を統合するために採用した制度
25
9
4
人の移動と戦争との関わり
25
9
4
世界史における自然環境・資源と人間との関わり
25
9
合計  100 36 合計  100 36
■設問別分析
第1問
世界史上の帝国や王朝の支配をテーマにした問題。文化史が2問出題されている。前近代史中心の問題である。問4の「『ローランの歌』は、カール大帝の時代を題材としている」、問7の「ヒヴァ=ハン国が、ロシアの保護国となった」はやや難しいが、消去法で解ける。
第2問
宗教と宗教集団をテーマにした問題。唯一の地図問題である問2は、マウリヤ朝の都パータリプトラがガンジス川流域にあることと、インダス川・ガンジス川の区別ができれば正解できる基本的問題であった。問9は第二次世界大戦後を含む2文正誤判定問題であったが、誤りははっきりしており、比較的容易な問題であった。
第3問
世界史上の都市とその建造物をテーマにした問題。問1は文化史で、「ピサ大聖堂の斜塔で、パスカルによる物体落下の実験(重力実験)が行われた」は、パスカルではなくガリレオ=ガリレイであることが分かれば解ける。問9のグラフを使った問題は、第一次世界大戦(1914〜18)・五・四運動(1919)・義和団事件開始(1900)の時期が分からないと解けない。
第4問
人の移動と戦争との関わりをテーマにした問題。唯一の年表問題である問4のルワンダ内戦が少なくとも1990年代であることが分からなければ正解できない。問6の選択肢番号3「ユトレヒト条約で、ジブラルタルを獲得した」には主語がないため、受験生は判断に迷っただろう。
■過去の平均点の推移
17年度 16年度 15年度 14年度 13年度
65.4  67.3  65.6  68.4  62.4 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2018年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ