2018年度大学入試センター試験 数学II・数学B [分析]
第1問では弧度法の定義に関する出題があった。 第2問が[1][2]に分かれた。

計算が繁雑で量も多い問題が目立つ。
難易度 やや難化
昨年と比べ計算が繁雑で量も多い。誘導は丁寧であるが、解きにくい。

出題分量
設問数は変化なし。第3問、第4問で計算量が増加した。

出題傾向分析
第1問の[1]で弧度法に関する出題があった。弧度法と度数法の変換もあり目新しい。 誘導は丁寧ではあるが、設定が難しいものや、少し変わった扱い方をしているものがあり取り組みにくい。 また、計算が繁雑な問題が多かった。
2018年度フレーム(大問構成) 2017年度フレーム
大問 分野 配点 テーマ 大問 分野 配点 テーマ
1
[1]三角関数
[2]対数関数・指数関数
30
弧度法、三角関数の方程式
対数の不等式、指数計算
1
[1]三角関数
[2]指数関数・対数関数
30
三角関数の方程式、2倍角の公式、解と係数の関係
対数関数のグラフ、内分点、対数方程式、常用対数の計算
2
[1]微分法・積分法
[2]微分法・積分法
30
曲線の接線、面積、最小値
微分と積分の関係
2
微分法・積分法
30
接線、面積、関数の増減
3
数列
20
和と一般項の関係、階差数列
3
数列
20
等比数列、(等差数列)×(等比数列)型の数列の和、対数で表された数列
4
平面ベクトル
20
内積の計算、2直線の交点
4
平面ベクトル
20
ベクトルの成分、内積の計算
5
確率分布と統計的な推測
20
平均、分散、二項分布、正規分布による近似、信頼区間
5
確率分布と統計的な推測
20
二項分布、正規分布による近似、連続型確率密度関数
合計  100 合計  100
■設問別分析
第1問
[1](1)は弧度法の定義に関する問題。(2)は弧度法と度数法の換算に関する問題。いずれの問題も目新しい。(3)は三角関数の加法定理と合成を利用して方程式を解く問題。角の設定が複雑であるが、全体の難易度は高くない。
[2]対数関数を含む不等式の問題。前半は誘導に従って変形していくと2次不等式が現れる。この2次不等式の解を利用して与えられた対数不等式を解けばよい。後半は不等式が常に成り立つ条件を考える問題。2次関数のグラフを利用して条件を求める典型的な問題である。
 [1][2]とも誘導に従えば解きやすい。各関数の定義、公式を正確に理解し、丁寧に解いていきたい。
<数学IIの第1問の共通問題>
第2問
[1](1)は放物線とその接線が与えられているので、微分係数を考えて条件を組み立てていけばよい。(2)は放物線と直線で囲まれた部分の面積と定積分に関する問題。計算量が少し多い。
[2]抽象的に与えられた関数のグラフと直線で囲まれた部分の面積の条件から元の関数を求める問題。不定積分と定積分の定義から考えていくように誘導されているが、題意がとりにくい。
普段から図を丁寧に書き、定義を理解したうえで演習をこなすことが大事である。
<数学IIの第2問の共通問題>
第3問
(1)、(2)は等差数列、等比数列に関する問題。(3)は和の式で与えられた数列について、階差数列から一般項を求める問題であった。(3)の和の式の中にnが含まれており、階差数列を求める際に注意が必要である。また、計算も繁雑であった。 教科書だけでなく、大学入試用の問題集で練習する必要がある。
第4問
図形上の点を、2直線の交点を始点とするベクトルで表し、また、線分の長さから内積の値を求める問題であった。 文字定数を含んだまま計算を行うため、計算力が要求される。 誘導の意味をよく理解して解く必要がある。
第5問
(1)は平均、分散の計算を行う問題。(2)は二項分布の正規分布による近似に関する問題。(3)は母比率に対する信頼区間に関する問題。 標準的な問題であった。 教科書の内容を十分理解し、計算練習を繰り返しておくとよい。
■過去の平均点の推移
17年度 16年度 15年度
52.1  47.9  39.3 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2018年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ