2016年度大学入試センター試験 倫理,政治・経済 [分析]
マーク数が昨年より2つ減少。全設問が「倫理」「政治・経済」単独科目からの流用。

大問数は昨年と同じだが、マーク数は政治・経済分野で昨年より2つ減少した。倫理分野と政治・経済分野からほぼ半々の出題となっている。昨年は「倫理、政治・経済」オリジナルの設問が2問出題されたが、今年はすべての設問が「倫理」「政治・経済」単独科目からの流用となった。また、昨年までみられた「倫理、政治・経済」オリジナルの本文もなかった。
難易度 昨年並み
倫理分野ではやや難しい事柄が出題され、政治・経済分野では比較的取り組みやすい設問が並んだ。全体の難易度は昨年並み。

出題分量
大問数は6題(倫理分野3題、政治・経済分野3題)で昨年と変わらず。マーク数は37(倫理分野19、政治・経済分野18)で昨年より政治・経済分野が2つ減少した。配点は倫理分野が50点、政治・経済分野が50点。

出題傾向分析
昨年と同様、倫理分野、政治・経済分野ともに、概ね教科書の範囲内の知識で対応できる設問と、論理的判断力や読解力を必要とする設問で構成されている。資料文読解問題やグラフ・図表問題の出題分量も昨年と同様。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 大問 分野 配点 マーク数
1
現代社会の諸課題と青年期
14
5
1
現代社会の諸課題と青年期
14
5
2
日本の思想・源流思想
18
7
2
日本の思想・源流思想
18
7
3
西洋の近現代思想・源流思想
18
7
3
西洋の近現代思想・源流思想
18
7
4
近代国家の変容
22
8
4
政治分野・経済分野を総合的に扱う問題
14
6
5
民族紛争と人権
14
5
5
日本国憲法における人権保障と統治機構
18
7
6
市場メカニズムとその限界
14
5
6
スポーツ・イベントと経済の関係
18
7
合計  100 37 合計  100 39
■設問別分析
第1問
「公平」をめぐる会話文をもとに、生命倫理、欲求不満に対する反応などが問われた。問4のグラフ読解問題は昨年と異なる出題形式となった。問5のコミュニタリアニズムについての学習は手薄になりがちであり、取り組みにくかったかもしれない。
第2問
「よき生を求めるための喜び」をテーマとした本文をもとに、源流思想と日本思想が幅広く出題された。間違いの選択肢に学習が及びにくい人物が取り上げられたりしているが、ほぼ教科書の範囲内の学習で対応できる。ただし、問1の日本の神についての和辻哲郎の考えが問われた設問や問2の仏教における煩悩や苦について問われた設問は取り組みにくく、問4の資料文は読みにくかったかもしれない。
第3問
「時間をめぐる西洋近現代思想の流れ」をテーマとした本文をもとに、イエスの教え、ルネサンス期の人文主義者、カント、イギリス経験論など、源流思想と西洋近現代思想が問われた。多くは教科書の範囲内の学習で対応できる設問で構成されているが、問3のカントの認識論に関する設問は難しい。また、問4のイギリス経験論の各論者については、教科書ではコラム的に扱われることが多く、学習が疎かになる項目であり、取り組みにくかったであろう。
第4問
国の内外における国家の役割の変容をめぐる本文をもとに、地域的経済統合、中央銀行の役割、政府債務残高、国民の権利、日本の政治制度と地方自治、行政改革など、政治や経済に関する総合的な知識が問われている。ほとんどの問題は教科書の範囲内の学習で対応できる。ただし、問8の国家戦略特区のような比較的新しい事項に関する知識を要する出題もあるので、時事的な動向にも目を向けておこう。
第5問
民族紛争から生じる人権問題について論じた本文をもとに、地域紛争や条約、労働問題、マスメディアなどに関する理解を試す出題である。問2の地域紛争についての出題は、苦手とする受験生が多く、正解を導くのが難しいかもしれないが、ほとんどが教科書の範囲内の知識があれば解答できる。また、問4の不法就労者への労働基準法の適用など、センター試験に出題歴のある事項を問う問題もみられ、過去問に取り組んで知識を定着させる学習が重要だと言える。
第6問
市場メカニズムとその限界をめぐる本文をもとに、社会保障の歴史、公共財の性質などに関する事項が問われている。問4のNPO法とNPO法人、問5の地方財政の歳出構成の推移については、やや詳細な知識が求められているが、ほとんどの問題は教科書の範囲内の学習で対応できる。また、問1の需要・供給曲線のシフトや、問3の公共財の性質など、過去のセンター試験で問われた事項に関する出題がみられ、過去問に取り組むことが必要だと言える。
■過去の平均点の推移
15年度 14年度 13年度 12年度
59.6  67.3  60.7  67.1 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ