2016年度大学入試センター試験 地学基礎 [分析]
昨年よりも易化した。

解きやすい問題が多かった。また、選択肢がすべて4択になり易化した。
難易度 易化
判断に迷う問題が少なくなり、素直な問題が多くなった。計算問題が少なくなり、基礎知識で解ける問題が増えた。昨年は選択肢が5択以上の問題が9問もあったが、今年はすべて4択となり、選択肢数が大幅に少なくなった。図を読み取る問題も簡単になった。昨年は8択の正誤問題が2問出題されたが、今年は4択の正誤問題が1問だけになった。

出題分量
マーク数は15で昨年と同じである。全体のページ数は、昨年の14ページから今年は12ページになり、少なくなった。

出題傾向分析
地学基礎の各分野からバランスよく出題されている。第1問は、地球(固体地球、岩石、地質・地史)分野をまとめており、第2問・第3問より問題数や配点が多い。第2問は大気・海洋分野、第3問は宇宙分野から出題されている。
第1問は昨年よりも1問増えて8問となり、配点も27点と多くなった。逆に、第2問は問題数が1問減った。第3問は、問題数は昨年と同じ3問であったが、配点が1点減って10点となった。
図表を読み取る問題に関しては、問題数は昨年とほぼ同じであるが読み取りやすく、迷う選択肢も少なかった。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ 大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1
地球
27
8
A 地震・自然災害・プレートの運動
B 地層・生命の歴史
C 火山・マグマ・火成岩
1
地球の活動と変遷
23
7
A 惑星の水と地震・火山現象
B 生物の進化と地層
2
大気・海洋
13
4
地球全体のエネルギー収支
2
大気・海洋・環境
16
5
A 大気と海洋の構造や地球上の水の循環
B 日本の自然環境がもたらす恵み 
3
宇宙
10
3
A 銀河の分布
B 太陽系の天体
3
宇宙
11
3
太陽の観察
合計  50 15 合計  50 15
■設問別分析
第1問
地球の各分野からバランスよく出題されている。問3はプレートの移動する様子を考えることがポイントである。問4は、昨年に引き続き地質断面図の読み取り問題が出題された。問5は化石の時代や年代とグラフの読み取りを融合させた問題であり、正確な知識が要求された。教科書や参考書などで正確な知識を身につけることが重要である。また、地質断面図をはじめとして、図を読み取る練習もしておこう。
第2問
エネルギー収支や熱に関する大気・海洋分野の問題である。問題に図がなく、やや細かい知識を必要とする問題もあった。教科書の図をイメージできるようにしておこう。問3の計算問題では単位の換算に注意が必要であった。桁数の多い計算問題の練習もしておこう。
第3問
宇宙分野からの出題である。問1の読図問題がやや難しかったが、他の選択肢から消去法で正解に達することもできる。問2や問3では中学校で習った知識を必要とする選択肢もあった。教科書の探究活動の学習や中学理科の復習もしておこう。
■過去の平均点の推移
15年度
27.0 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ