2016年度大学入試センター試験 生物基礎 [分析]
教科書に記載されている知識を問う問題が中心であったが、昨年は出題されなかった考察問題が2問出題された。

教科書の各分野よりバランスよく出題され、すべての問題がA・B分けされていた。設問16問のうち、13問が知識を問う問題、2問が考察を要する問題、1問が計算問題であった。
難易度 昨年並み
生物基礎受験生には見慣れない代謝における酵素のはたらきに関する考察問題が出題された。1問出題された計算問題は、受験生が苦手とする腎臓における濃縮率を求める問題であったが、昨年の第1問・問6の計算問題に比べれば正答率は高いだろう。また、文章選択問題の割合がやや低下し、1マークあたりの選択肢数もやや減少した。

出題分量
大問数は昨年と同じく3で、マーク数は昨年より1増加し17であった。総ページ数は13ページで、昨年より1ページ増加した。

出題傾向分析
生物と遺伝子、生物の体内環境の維持、生物の多様性と生態系の3分野からバランスよく出題されており、各大問がA・B分けされていた。教科書に記載されている知識を問う問題が中心であったが、昨年は出題されなかった考察問題が2問出題された。昨年3問みられた「適当なものを過不足なく選ぶ」タイプの問題は1問だけであった。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ 大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1
生物と遺伝子
19
3
3
A 生物の特徴
B 遺伝子とそのはたらき
1
生物と遺伝子
20
3
3
A 生物の特徴 
B 遺伝子とそのはたらき
2
生物の体内環境の維持
16
4
2
A 体液・肝臓・腎臓
B 血液循環・ホルモン・
  自律神経
2
生物の体内環境の維持
15
3
2
A 肝臓・血糖量調節
B 免疫
3
生物の多様性と生態系
15
3
2
A バイオーム
B 生態系とその保全
3
生物の多様性と生態系
15
3
2
A バイオーム
B エネルギーの流れ
  地球温暖化
合計  50 17 合計  50 16
■設問別分析
第1問
Aは生物の特徴に関する知識問題と考察問題、Bは遺伝子とそのはたらきに関する知識問題であった。
問2は代謝における酵素のはたらきに関する考察問題である。実験の内容を正確に読み取り、結果と照らし合わせて考えよう。
問2以外は、教科書の内容を正確に理解できていれば解答できるので、教科書をしっかり学習しておこう。
第2問
Aは体液・肝臓・腎臓に関する知識問題と計算問題であり、Bは血液循環とホルモン・自律神経に関する知識問題であった。
問3のウは0であり、エは0ではないことが理解できていれば選択肢番号3か4に絞ることができる。オの濃縮率を求めるためには、まず尿中の尿素濃度を求め、血しょう中濃度で割ればよい。
問5はホルモンの分泌とその作用、自律神経のはたらきに関する融合問題であり、正解するためには、幅広い分野で正確な知識を身につけておく必要がある。
第3問
Aはバイオームの分布に関する知識問題、Bは生態系とその保全に関する考察問題と知識問題であった。
問3はサバンナでみられる樹木名を選ぶ知識問題である。「アカシア」は記載されていない教科書もあるが、消去法で正解を選ぶことができる。
問4は生態系のバランスに関する考察問題である。個体数が減ると個体数が増えるかどうか、個体数が増えると個体数が減るかどうかを判断する。選択肢の文章をよく読み、判断する力をつけておこう。
問5で、選択肢のbとeで訂正があった。
■過去の平均点の推移
15年度
26.7 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ