2016年度大学入試センター試験 物理 [分析]
組合せ問題が増加し、部分点が復活した。グラフ・図の選択問題は出題されなかった。

昨年は与えられなかった組合せ問題での部分点が、2設問で与えられた。
例年出題されていたグラフ・図の選択問題が出題されなかった。
難易度 昨年並み
問題は典型的な設定が多くなり、受験生が苦手とする見慣れない定性的な問題は減少した。しかし、選択肢の多い設問が増加し、組合せ問題も増加したため、全体の難易度としては昨年並み。

出題分量
マーク数は昨年と同じだが、1つの設問の中で複数の内容が問われる組合せ問題が増加したため、全体の分量としては若干増加した。

出題傾向分析
昨年と同様に、必答問題は小問集合、電磁気、波動、力学の4題で、選択問題は熱と原子から1題を選択するという構成であった。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ 大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1
小問集合
20
5
各分野の基本問題
1
小問集合
20
5
各分野の基本問題
2
電磁気
25
5
A コンデンサー
B 電場・磁場中の荷電粒子の運動
2
電磁気
20
4
A 交流とダイオード
B サイクロトロン
3
波動
20
4
A 音波の干渉とドップラー効果
B 薄膜による光の干渉
3
波動
20
4
A 平面波の屈折
B 水面波の干渉
4
力学
20
4
A 鉛直面内での円運動
B 重ねられた2物体とばねとの衝突
4
力学
25
5
A 水平投射と壁への衝突
B 力のつりあい・仕事とエネルギー
5
15
3
気体の混合
5
15
3
気体の状態変化
6
原子
15
3
光電効果
6
原子
15
3
原子構造
合計  100 21 合計  100 21
■設問別分析
第1問
力学2問、熱1問、波動1問、電気1問の計5問からなる小問集合。 問1は放物運動の問題。問2は誘電分極と静電誘導に関する定性問題。問3は正弦波の式の問題。問4は運動量保存則と相対速度の問題。問5は熱量保存の問題。 問5は物理基礎の範囲の問題である。 物理基礎と物理の両方の教科書をまんべんなく学習しておく必要がある。
第2問
A コンデンサーに関する問題。問1は電気量保存則を用いたコンデンサー回路の典型問題。問2はかけている電圧を同じにしているので誘電体を挿入しても電場は変わらず電気量は増加する。状況を正しく把握することが大切である。
B 一様電場・磁場中での荷電粒子の運動。 問4は半径を運動方程式からではなく、図形的に求める。 
第3問
A 2つの音源の間に生じる定常波とドップラー効果の問題。 過去のセンター試験で何度も出題された頻出問題である。対策としては過去のセンター試験の問題でしっかり学習しておくことである。
B 薄膜による光の干渉の問題。 光の波長ではなく振動数が与えられたり、強め合いの条件を光が通過する時間で表したり、問い方に工夫がみられた。
第4問
A 鉛直面内での円運動の問題。 問2は点Aで垂直抗力がちょうど0になることを考える典型問題。
B 力学的エネルギー保存則と慣性力を含めた力のつり合いの問題。 力学の問題では、丁寧に力の図示をすることを心がけ、運動方程式、エネルギー保存則や運動量保存則を正しく立式できるようにしよう。
第5問
気体の混合の問題。 問1、2は状態方程式を用いればよい。熱をよく通す容器のため、温度は常に一定であることに注意しよう。問3もそのことから0とわかる。気体の状態変化の問題は、状態方程式だけでなく熱力学第一法則もあわせて考えられるようにしておこう。
第6問
光電効果の典型問題。 光電効果に必要な光子の公式とエネルギー保存則を理解していれば対応できる内容ではあるが、問2と問3はグラフから読み取れる情報と現象とを結びつけることが必要で、類題を演習した経験の有無で結果に差がついたであろう。 原子・原子核の問題は教科書にある典型的な問題をしっかり学習しておこう。
■過去の平均点の推移
15年度
64.3 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ