2016年度大学入試センター試験 物理基礎 [分析]
エネルギーを中心とし、物理基礎の内容から幅広く出題された。

教科書からまんべんなく出題された。
昨年小問集合で出題された原子についての知識問題は出題されなかった。
難易度 やや易化
数値計算・文字計算が昨年より少なくなり、典型問題が増えた。

出題分量
設問数は変わらず、全体としての分量は変化していなかった。

出題傾向分析
小問集合1題と、A、B分けされた分野別問題2題の、大問3題の出題。
小問集合ではさまざまな分野から出題され、幅広い学習を問われている。
全体的に、エネルギーを中心とした出題だった。
日常生活で利用しているエネルギーに関心を持ちつつ、教科書を中心にバランスよく丁寧な学習を心がけたい。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ 大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1
小問集合
20
5
各分野の基本問題
1
小問集合
20
5
各分野の基本問題
2
様々な物理現象とエネルギーの利用
15
4
A 波の性質
B 変圧器と送電
2
様々な物理現象とエネルギーの利用
15
4
A 波の性質
B 電気抵抗
3
物体の運動とエネルギー
15
4
A 力学的エネルギー保存
B 落体の運動
3
物体の運動とエネルギー
15
4
A 力と仕事
B 斜面上の物体の運動
合計  50 13 合計  50 13
■設問別分析
第1問
さまざまな分野からの小問集合。
基本的な知識・理解を問う問題が多く、計算を要する問題はほとんどない。
問2は昨年も出題された「エネルギーとその利用」からの出題であった。
問3では、コップ内部の空気の圧力が大気圧より小さいため、戸惑った受験生もいたであろう。
問5は教科書にあまり記載のない電磁誘導・うず電流の問題。しかし、知識がなくても文章をよく読みエネルギーの変換を考える思考力を問う問題と言える。教科書の内容を覚えるだけではなく、理解し思考する訓練もしていこう。
今年は、熱量計算や熱力学第一法則に関する設問はなかったが、熱分野の準備も抜かりないようにしよう。
また、小問集合では同じ内容が繰り返し出題されることがあるので、しっかり学習しておこう。
第2問
A 波動の基本的な理解を問う問題。問1は、波の変位と位置のグラフから波長を読み取り、振動数を求める設問。問2は、縦の疎密をグラフから判断する設問。いずれも基本的な問題である。波のグラフからさまざまな物理量を読み取れるようにしておこう。
波動分野では、典型問題をしっかりマスターしておこう。
B 変圧器と送電の問題。問3は、変圧器の電圧比はコイルの巻数比である基本公式を確認する設問。問4は、送電線での電力損失を抑えるために、高電圧で送電することを題材とした設問。ここでも、エネルギーをメインテーマにしている。
電気分野では、オームの法則だけではなく、エネルギーに関わる電力・電力量もきちんと理解しておこう。また、変化する物理量としない物理量をしっかり意識して、問題に取り組もう。
第3問
A 力学的エネルギー保存則を正しく適用できるかを問う基本問題。問1は、弾性エネルギーが運動エネルギーに、問2は運動エネルギーが重力による位置エネルギーに変換されることを、正しく立式できればよい。いずれも基本的な問題である。
B 小物体の投げ上げ運動の問題。問3は、最高点までの時間を求める設問。問4は、高さと時刻の関係の正しいグラフを選択する設問。上昇と下降が対称的であることと、2次関数であることの理解が問われている。
力学分野は出題割合が高いので、典型問題はよく理解し、確実に解けるようにしておこう。
■過去の平均点の推移
15年度
31.5 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ