2016年度大学入試センター試験 国語 [分析]
読みやすい文章からの出題で、昨年より易化。

<現代文>第1問(評論)は、キャラを演じる現代の若者について論じた文章が出題された。問5は本文の読後感を話し合う生徒の発言から本文の趣旨に近いものを選ぶものであった。こうした設問形式は1996年度に出題されて以来であり、戸惑った受験生もいただろう。第2問(小説)は、昨年と同様、全体的に取り組みやすい出題である。
<古文>1990年度にセンター試験がはじまって以来、まれにみる易しい問題であった。(センター試験国語Iをのぞく)
<漢文>本文に返り点も送り仮名もともに省略されている箇所があった。また、2つの語句の具体的な指示内容を対比的に捉える設問が出題された。
難易度 易化
<現代文>第1問(評論)は、受験生に身近な話題を論じたものであり、読みやすい文体で、文章量も減少した。設問も取り組みやすく、昨年より易化した。第2問(小説)は、全体に本文をきちんと読んで丁寧に解けば正解の得られる問題が多く、その意味で解きやすい問題だといえる。
<古文>本年は説話集の『今昔物語集』で、昨年の擬古物語よりも読みやすかった。さらに、選択肢も正誤がはっきりしており、選びやすくなっている。
<漢文>返り点の省略箇所が設けられたため、当該箇所はやや難化したと言えるが、テーマは捉えやすく、読み取りにくい文章ではなかった。

出題分量
第1問(評論)の本文量は、4000字を超えた昨年に比べて600字程度減少した。設問数・マーク数は、ともに変わらない。第2問(小説)は、本文量は昨年とほぼ同じ。設問数も昨年と同じであり、各選択肢の長さも昨年とほとんど変わっていない。第3問(古文)は、本文量は約1700字で、去年より約500字増加した。設問数・マーク数は昨年と同じ。第4問(漢文)は、本文量が192字で15字減少、設問数は昨年と同じだが、マーク数は1つ減少して8つ。

出題傾向分析
<現代文>第1問(評論)は、昨年同様、受験生に身近な話題を論じた現代的な評論が出題された。昨年の問6は、8択で不適当なものを2つ選ばせる問題であったが、今年は2つの枝問に分けて問うという従来型にもどった。第2問(小説)は、昨年は現代の小説であったが、今年は1950年代に発表された小説が出題された。現代の受験生にとってはなじみにくい情景を描いたものではあるが、設問はおおむね素直であり、本文を丁寧に読んで選択肢と照合すれば、正誤の判定はしやすかったと思われる。問6は「適当でないもの」を選ばせる問題となった。
<古文>本文は、平安時代後期の説話集『今昔物語集』からの出題で、1997年度国語Iと同じ出典である。京で暮らす男が、鬼の行列に出会い、鬼に唾をかけられたことで周りの人々には姿が見えなくなってしまうが、観音の御利益によって、元に戻るという話である。昨年、和歌は本文に2首あり、設問にもなっていたが、今年は本文にも設問にもなかった。
<漢文>幼い時に母を亡くした人物が、後に夢で母に会い、それを題材として描いた絵を携えて筆者のもとを訪れた。絵を見た筆者が、その経緯と、子の母を慕う気持ちについて述べた文章が出題された。語の意味、返り点の付け方と書き下し文、解釈、内容説明、筆者の考えの説明など、基礎知識をふまえた標準的な設問が中心であったが、問6と問7の説明問題は、当該箇所を直訳しただけでは解きにくい。
2016年度フレーム(大問構成) 2015年度フレーム
大問 分野 問数 マーク数 出典 大問 分野 問数 マーク数 出典
1
評論
6
11
土井隆義『キャラ化する/される子どもたち』
1
評論
6
11
佐々木敦『未知との遭遇』
2
小説
6
9
佐多稲子「三等車」
2
小説
6
9
小池昌代「石を愛でる人」
3
古文
6
8
『今昔物語集』
3
古文
6
8
『夢の通ひ路物語』
4
漢文
7
8
盧文●(しょう)『抱経堂文集』
(●は「弓」に「召」)
4
漢文
7
9
程敏政『●●(こうとん)文集』
こう(「竹」の下に「皇」)、とん(「土」に「敦」)
合計  36 合計  37
■設問別分析
第1問
問2から問4までは、文脈の正確な理解を問うものである。ただし、問3は、選択肢番号5がやや紛らわしく、迷った受験生もいただろう。新課程を意識したと思われる問5は、設問形式は目新しいが、昨年同様、本文の趣旨を問うものである。問6は、(i)で文章の表現を問い、(ii)では文章の展開を問うているが、両方とも適当でないものを選ぶ問題になっている。基本的な読解力を養い、いろいろな設問形式に対応できるようになろう。
第2問
戦後の混雑した長距離列車内を舞台にした小説。描かれている情景は受験生にとってなじみにくいものかもしれないが、内容はさほど難しくはない。問2や問5で、本文全体の内容をふまえて解答を選ぶことが要求されている。傍線部やその前後ばかりを読むのではなく、本文全体も視野に入れたうえで、各選択肢を丁寧に本文と照合することを、日頃から心がけるようにしよう。また、大正・昭和期の小説などにも親しんでおくとよいだろう。
第3問
問1は、例年通り語句の解釈問題で、いずれも重要古語の知識を踏まえて解くものであったが、例年に比べて短いものもあった。問2は、センター試験では初めて格助詞「の」の用法が問われた。全体的に易化した中で、唯一文法問題は例年と比べて解きにくかったと思われる。文法の基本をしっかり学習しておきたい。問3・5は、例年通り内容を問う問題であったが、選択肢が各1行で、近年にない短さであった。問5は、適当でないものを選ぶ設問で、センター試験では適当なものを選ぶ場合がほとんどなので注意したい。問5・6と本文全体に関わる問題が2題あり、特に問6は、本文の趣旨を読み取る設問であったので、平生から文章全体の趣旨を考えるようにしたい。
第4問
問1は語句の意味を文脈に即して捉える設問、問2は重要語の知識を問う設問であった。問3は「不置」、問5は「見」の意味を正確に捉えることが必要である。問4は、返り点を省略した箇所の書き下し文を問うものであったが、句形は含まれておらず、文の構造を正しく捉えることがポイントであった。問6の内容説明、問7の筆者の考えの説明は、目新しい形式ではないが、文脈に即して内容を確実に捉えられていないと、正答はそれほど容易ではない。テーマは捉えやすく、決して読み取りの難しい文章ではないが、語句や句形など基礎知識を習得できていないと思わぬ読み違いをする可能性もある。学習対策としては、基礎知識を習得し、文章を丁寧に読み解く訓練を重ねつつ、要点を的確に捉える力をつけることが最も有効である。
■過去の平均点の推移
15年度 14年度 13年度 12年度 11年度
119.2  98.7  101.0  118.0  111.3 
※今年度の予想平均点速報はこちら
解答速報TOP 2016年度大学入試センター試験速報TOP 河合塾TOP Kei-Net
河合塾 直前講習のご案内 大学受験科・高校グリーンコース案内
Copyright Kawaijuku Educational Institution.
このページのトップへ